20210421-5_fulldata_-02-removebg-preview

Concept

- CONCEPT -

 AIKは「デジタルとリアルが融合する新たな警備事業」を創出することを目指し、2020年には警備業界での長年の経験・知見を有する株式会社And Securityを、2022年には北海道を地場に高い競争力を有するISA株式会社とSSS株式会社をグループに迎え入れ、警備DXを推進して参りました。

 一方で警備の仕事は身近な存在でありながら、一般的にはあまり知られていのがないのが実情です。今回の取り組みを通じて学生や一般の方にもより警備を身近に感じて頂けたらと思います。

 また青山ファッションカレッジのには学生にはユニフォーム製作の工程をいちから学んで頂く機会となり、さらに自身がデザインしたユニフォームが実際の警備現場で使われるなど、実績と経験を積む良い機会にして頂ければと思います。

- MESSEAGE -

校長

江口 崇裕

学校法人原学園 理事長
青山ファッションカレッジ 校長

このたびの警備業界のユニフォーム制作に関するAnd Security様と本校とのコラボレーションは、通常のカリキュラムでは学ぶことのない応用的な事例であり、学生の創造力や思考力を高めるとともに、実社会に通ずる実践的な取り組みとして意義があると考えます。デザイン性のみならず機能性、安全性を備えたオリジナルユニフォームが完成することを期待しています。

Online,Education,,Home,Schooling,Concept.,Male,Teacher,On,Laptop,Screen.

安藤 大春

青山ファッションカレッジ 講師

ユニフォームという決められた枠の中で、さらに警備服という機能性を重視してのデザインは、普通の学生では経験できないことだと思うので、今後の人生における一つのチャンスだと思って取り組んでほしいと思います。そしてそのために必要なバックアップを自分ができればと考えています。

宮宗 唯

株式会社AIK 代表取締役
株式会社And Security 代表取締役

この度は青山ファッションカレッジ様とのご縁があり、弊社の警備ユニフォーム制作というコラボレーション企画を実現することができました。企業として学生の皆様へこのような機会を作り上げることができたことを、なによりも嬉しく思います。学生の皆様の発展的な学習とご活躍の良い機会になることを願っています。

江口 崇裕

学校法人原学園 理事長
青山ファッションカレッジ 校長

このたびの警備業界のユニフォーム制作に関するAnd Security様と本校とのコラボレーションは、通常のカリキュラムでは学ぶことのない応用的な事例であり、学生の創造力や思考力を高めるとともに、実社会に通ずる実践的な取り組みとして意義があると考えます。デザイン性のみならず機能性、安全性を備えたオリジナルユニフォームが完成することを期待しています。

ユニフォームという決められた枠の中で、さらに警備服という機能性を重視してのデザインは、普通の学生では経験できないことだと思うので、今後の人生における一つのチャンスだと思って取り組んでほしいと思います。そしてそのために必要なバックアップを自分ができればと考えています。

安藤 大春

青山ファッションカレッジ 講師

宮宗 唯

株式会社AIK 代表取締役
株式会社And Security 代表取締役

この度は青山ファッションカレッジ様とのご縁があり、弊社の警備ユニフォーム制作というコラボレーション企画を実現することができました。企業として学生の皆様へこのような機会を作り上げることができたことを、なによりも嬉しく思います。学生の皆様の発展的な学習とご活躍の良い機会になることを願っています。

- SCHEDULE -

2022年5月~7月 

授業の一環としてデザイン画制作

2022年7月中旬

作品の中からグランプリを決定

2022年8月~

グランプリのデザインを制作もとに制作

2023年2月

卒業・修了制作展にて披露

- SCHEDULE -

2022年5月~7月 授業の一環としてデザイン画制作

2022年7月中旬 作品の中からグランプリを決定

2022年8月~        グランプリのデザインを元にユニフォーム制作

2023年2月       卒業・修了制作展にて披露

※状況により前後する場合もございます。

- RECORD -



 本日、学生の皆さまに向けた「ユニフォームコンテスト2022」のキックオフ説明会を行いました。説明会の冒頭ではコンテストの企画説明を実施し、企画のコンセプトやスケジュール、コンテストの副賞について学生の皆さまに説明しました。


 最初は学生の皆さまも少し構え気味で固い雰囲気でしたが、だんだんと和やかな雰囲気になりAIKグループが展開している警備事業への質問や、今回のコンテストテーマである警備ユニフォームの感想や意見なども飛び交いました。参加学生のなかには、警備のアルバイト経験がある学生もいらっしゃいました!


 AIKスタッフが現状のユニフォームを紹介したところ、学生たちは興味を持って試着し生地の質感やテイストを確認する様子も見られました。


 さっそくアイディアを膨らませてディスカッションを行っている学生も。よいユニフォームが出来上がりそうだと期待が持てるキックオフ説明会となりました。

- ORGANIZER -