株式会社AIK|デジタルとリアルを融合させる新たなセキュリティ

2022年5月19日

警備DX のAIKグループとファッション×ITの青山ファッションカレッジのコラボ

私たち株式会社AIKは、 警備DX を推進する会社です。

 

そんな警備×ITを掲げる私たちと、先日ファッション×ITで即戦力人材を育成することついてプレスリリースされた青山ファッションカレッジが
警備のユニフォーム制作でコラボする運びとなりました。

 

 

警備DX_20220517

 

 

この度、私たちのAIK グループである株式会社And Securityの警備ユニフォームを

青山ファッションカレッジの学生の方々にデザインをいただくことになり、先日そのプレゼンテーションでお伺いしました。

 

 

普段からいろんなデザインを行っている学生さんに、警備服のデザインの難しさがどのようなところになりそうか尋ねたところ
警備服だからこその縛りの中でデザインするところという声が多かったように思います。

 

 

その中でも大きなポイントとなるのは生地の素材だそうです。
普段のデザインは生地の自由度は高く、いろんな素材の中から選択できますが、警備服となると選ぶことのできる生地はかなり限られます。
素人目線だと形ばかりに目がいってしまいがちですが、生地を決めることは服のデザインを行う上で一番に取り掛かることで大変重要だそうです。

 

 

警備DX_20220517②

 

 

警備服を実際に手に取り、

また、実際に着てみて着心地を確認する学生さんたちの、楽しく盛り上がる笑顔、真剣な表情が印象的でした。

そんな様子を動画にしてTikTokにもアップしているので是非こちらも見てくださいね。

 

長く弊社ユニフォームと共に歩んできた社員は、

「このままでも(ユニフォーム変えなくても)いいんじゃない?」と

気に入りながら現ユニフォームを試着する学生さんの言葉が嬉しかったようで、

帰り道ご機嫌にそのことを話しながら帰っていました。

 

とはいいつつも、私たち社員は学生さんたちのデザインした警備服を着られるようになることを楽しみにしています。

 

また警備服のデザインコンペについてはこちらのブログやSNSにて発信ができればと思います。

 

 

 

 

 

株式会社AIKではSNSを積極的に運用しています。

 

・Twitterでは警備の募集や、弊社のサービスの警備受発注プラットフォームAIK orderに警備案件が掲載された際にお知らせをしています。

・Instagramでは警備員の視点から景色や風景、グルメ情報など幅広い投稿をしています。

・TikTokでは企画動画を投稿しています。

・YouTubeでは警備業に関する動画や、警備業で使える英会話、心温まるショートムービーなどを投稿しています。

 

ぜひ各SNSフォローしていただき、警備に関する興味関心を持ってもらえたら嬉しいです!

警備業界の方々のフォローもたくさんお待ちしております!

 

【公式SNSアカウント一覧】

YouTube :AIK

https://www.youtube.com/channel/UChtMonr1ArYXVE9jOoMfFOw/about

Tiktok :aik_keibi_tokyo(https://www.tiktok.com/@aik_keibi_tokyo

Twitter :@AIK_keibi_tokyo(https://twitter.com/AIK_keibi_tokyo

Instagram :@aik_keibi_tokyo(https://www.instagram.com/aik_keibi_tokyo/

  • ALL
  • MEDIA
  • PRESS
  • INFORMATION
  • BLOG
PAGE TOP